3-3) 自分を責めない

親がサイコパス

お久しぶりになってしまいました。このサイトを見て下さったり、2017年1月放送の「深イイ話」を見て下さった方々からアクセスがあり、お仕事頼んでいただいたり、新しく交流する機会がありました。心よりお礼申し上げます。

自分の親がサイコパスで、ずっとずっと支配されて苦しかった。今も後遺症で苦しんでいる。子供をかわいがれない。自分の自尊心を確立できない。・・・という悩みを、同時に複数の方から相談されて、改めて心のサバイバルは大変な事だ、と実感しました。

「サイコパスからは逃げるに限る」とあちこちに書いてありますが、「子供が自分で親から逃げることが出来るのか?」というと、かなり疑問です。

親がサイコパスで、心を支配されるにいたり、自分の方が悪いのだと思い込まされてしまったら・・・。かなり致命的だと思います。

何をどう頑張っても、批判され、非難され、余計に傷つくだけです。

未成年のうちは逃げられないでしょう。大人になって、どうにかこうにか親の支配から脱出していったとしても、心が満身創痍ですので、たくさんの傷を抱えたまま生きていくことでしょう。

「良く頑張ってきたよね!!」

「今まで電車に飛び込まなくて生きてきただけでも、十分偉いよ!!!」

私がかけてあげられる言葉は、そんな言葉しかありませんでした。

でも、親がサイコパスで自分が傷ついたという自覚があって、こうして私の所に問い合わせてきてくださったというだけでも、かなり嬉しいことで、救われてると思います。私が救ったとかじゃないですよ。ご自身で、問題の所在に気づいているからです。

一足飛びにすべての問題を解決する必要はありません。

「優しい親がいてくれたら、こんな自分にならなかったのに・・・。こんなひねくれた自分がイヤ・・・」と思って泣く毎日。私もありました。

よその優しい親がうらやましい、と思ってもいいと思います。

人の家庭環境は、みんな違うからですね。

よその違う親子関係を見て、自分の問題に気付けたことも、一時期落ち込んだとしても、自分のプラスだと思います。

優しい親に育てられた人は、サイコパスがどんなにひどいのか、分からない事でしょう。

私は、昔ボロボロな自分であったからこそ、こうやってサイコパス問題について発信もできるし、この問題でいろんな人と仲良くなれた。

そのことも、人生後半戦は、財産に変えられると思っています。

でも、前半はつらかった。

サイコパス親を持ったら、前半は辛いことしかないし、そのまま人生自体を棒に振ってしまう人も山ほどいると思います。

でも「このまま終わってしまったら、生まれてきた意味もないじゃないか!」

って考えて、泥沼の中から、光を目指して泳いでいくような仲間たち・・・。といったらいいでしょうか。

泥沼に一度も入ったことが無い人がうらやましいけれども、泥沼を泳ぐ仲間の連帯感もありますよ!

そう思って、マイペースで進んでいこうと思っています。

2 Comments

  1. 現在息子のお嫁さんが自分の母親からサイコパスを受けています。どのようにされているかと言うと息子の会社勤務中にお嫁さんを母親が嘘をつき実家に連れて帰りそれっきり息子のところにお嫁さんを帰してくれません。母親はわかることでも平然と嘘をつきまくりますそれに母親に協力する弁護士がいるので困っています。母親が弁護士を頼み離婚裁判を勝手に起こしましたがお嫁さんは裁判で息子側の弁護士の質問に全部わかりませんでしたと答えた。なぜならば離婚裁判を起こしたことさえ知らされてなかった。携帯電話を取り上げられ息子のメールアドレス電話番号も削除され連絡ができないようにされてしまいました。手紙も何通も息子がお嫁さん宛に出したのですが全部搾取されてしまいました。全く息子とは会わそうとしません息子が迎えに行くと母親に連絡を入れると警察呼ぶからと脅されました。
    離婚裁判では両方に離婚をしなければならない理由がないので離婚できませんと判決が出た。
    裁判官がなんで離婚裁判まで来たのだろうと不思議がっていました。
    裁判所でお嫁さんは瞳が全く淀んでいて覇気がなくうつろな状態でした。
    息子の弁護士がお嫁さん大丈夫ですか早くに精神科に連れていかれたほうがいいですよと心配してくれた。
    母親から相当な虐待を受けているのではないかと思われます。
    どうしてあげたら良いのか息子と私で心配しているのですが手の出しようがなく困っております。お嫁さんを助ける出す方法があったら教えていただきたいと思います。

    1. 遅くなり申し訳ありませんでした。すぐ裁判とか、警察とかいうのはサイコパスの典型です。弁護士も、最近は弁護士が増えすぎて仕事が来なくなった弁護士の増加により、おかしい人からのおかしい依頼も報酬もらえるならやる、という人は増加しています。この状況でお嫁さんを見捨てず助け出そうとする息子さんやお義母さんの方が本当の家族ですね。できるだけ集団で迎えに行き、警察呼んでもらってでも警察の前で事情説明してはどうでしょうか。それでも、「この婿一家が悪いんだ」とずっと言い立てるのでしょうが。。。サイコパスとの戦いは、本当に根くらべになり、根性の戦いでは、サイコパスのほうが圧倒的に有利でまともな人が圧倒的に不利なので、困るところです。戦うお気持ちはありますか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です