3-1) 「はぁ?」

「はぁ?」

人の行動を支配しようとしてくるサイコパスのやり口は、

「私の指示を理解して、私の指示した通りにしなさい!」という命令です。

ですので、自分の指示に従わない人間、自分の指示を理解しない人間に対して、

「なんでわからないんだ!」

「こないだも言っただろ!」

「そのぐらい常識で理解しろ!」

「空気読め!」

とか言ってきます。

→その言葉、全部お前に当てはまるだろ、って、私なら言い返すんですけど。

ですので、今は怖いので、そこまでとうとうと言い返すだけの事が出来ない、という人でも、サイコパスの指示に従わない第一歩として

「はぁ?」と、けげんな顔をする、という戦法を私はお勧めしています。

特に、サイコパスと二人っきりではなくて、ほかのまともな第三者もいる空間であれば、さらに効果的です。

あなた一人が「はぁ?」と言ったことで、「あ、まともに従わなくてもいいんだ」という空気が、他の人の心の中にも生まれるからです。

そこで、皆の前で見せしめで暴力など受けたら、すぐに警察に行くという覚悟でやればいいと思います。

(もし、公にして良ければ、私もネットで発信しますよ。)

堅気の世界で生きているサイコパスなら、警察に自分が犯罪者として捕まって今の地位を失うのはカッコ悪い、まずい。・・・と思っていますから、公然と暴力などはしない場合がほとんどだと思います。

(最初からヤクザのサイコパス集団であれば、また別ですが・・・。)

皆が見ている前で犯罪行為を行ったら、たとえその場は口止めしても、いつだれが警察や外部にチクるかわかったものではない、と言った辺りも、サイコパスは巧妙に計算しているはずです。

ですから、皆のいる前ではチャンスだと思って、サイコパスがギャアギャアといろんなへ理屈を述べ立ててきても、全て「はぁ?」で押し通す。

そのうち、こいつに言っても無駄だと思って、あなたに命令してこなくなれば、しめたものです。

「サイコパス対私」の構造がはっきりと皆に示されたら、大多数のサイコパスでない人たちは、ワーッと私の味方になってくる。なぜなら、ほとんどは皆まともだから。

怖がりすぎてみんながサイコパスに従っているのは損です。

「はぁ?」が、まず第一歩です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です